2003年1月

・パルプフィクション(1994年/米)
  監督:クエンティン・タランティーノ
  男優:ジョン・トラボルタ、ブルース・ウィルス
     サミュエル・L・ジャクソン
  女優:ユマ・サーマン

ミアとビンセントのツイストがあまりに有名な映画。
踊ってるシーン、カッコイイ!!もちろん音楽も。
3つの犯罪ドラマストーリーが同時進行で立体的に楽しめて
おもしろい。チープな会話もなかなか。トラボルタ株が少し
上がった。いやな気持が残らない、珍しい犯罪映画。
それにしても、ハニーバニーのキレ方はイケてます。

・AI(2001年/米)
  監督:スティーブン・スピルバーグ
  男優:ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジュード・ロウ
  女優:フランシス・オコーナー

愛を注がれたら、その愛に”応える責任”があると思う。
それは、受け入れる場合も、受け入れない場合でも。
もちろんそれは、ロボット・人間にかかわらず。
私達はいつか、ロボットを愛する日が来るかもしれん。
映画版、「百万回を生きた猫」。

・千と千尋の神隠し(2001年/日)
  監督:宮崎駿

映画で見た時よりDVDで何回も見たあとの方がおもしろい。
映画ファンの中では子供騙しだと酷評もされてるけど、
どの映画にも言えるけど、その映画に自分がどれくらい
入り込めるかということにその映画の価値がある、って
思う。カオナシは誰の中にもある部分だなぁ・・・
自分が自分であることの大切さに気づく映画。
生きるチカラは、与えるチカラなのかもしれんね。
しかし、リンは理想の上司や。
和速水琥珀主。

・アイズワイドシャット(1998年/米)
  監督:スタンリー・キューブリック
  男優:トム・クルーズ
  女優:ニコール・キッドマン

スピルバーグの「ディズニーチックなAI」を見たばかりの
せいか、キューブリックの撮った「アイズ」を見たかった。
しかし、さんざん精神的に苦悩した主人公が行き着く先は
「FUCK」ですかい。それはトムに言ってるのか、観客に
言ってるのか・・・。

医者の身分証明書をかざせば、どこでも通じると思ってる
トムクルーズ演じる医者。でも超特権階級しか行けない、
怪しいお屋敷の仮面パーティでは、”その通行手形”は、
なんの効力もない。そして自分のせいで人が命を奪われても、
オロオロするばかりで何もできない。
で、泣きながら全てを妻に告白し、心配するのは夫婦仲のこと
だけ。このぼろぼろな、ダメエリートのぼんぼん役が、また、
トムクルーズに、すごくはまっている。
そんな夫に「私達はサバイヴしたのよ」というキッドマン。
そうかなぁ? トムはお金と身分を利用して、弱者を生け贄にし
自分が傷つくことはなく、ちょっとした冒険を楽しんだだけ。
そして、妻が他の男と・・・という妄想も忘れ、夫婦は元通り。
これをサバイヴとセリフとして言わせるキューブリックは、
アメリカ人を皮肉ってる、っちゅうか嫌ってるのか。

・ソードフィッシュ(2001年/米)
  監督:ドミニク・セナ
  男優:ジョン・トラボルタ、ヒュー・ジャックマン
  女優:ハル・ベリー

リズムに乗ってルービックキューブを完成させるような、
仕事をするセンスのいいハッカーと、カリスマ悪党の物語。
悪党だけど悪党じゃない。その証拠に、最後は悪党が
笑うラストだが、見終わってその結末になぜか満足している。
あんなに容赦なく爆破しまくり、殺しまくったのに(笑)
トラボルタは断然悪人が似合います。大太鼓判。

・トライ(2002年/日)
織田裕二主演。時間とチケット代、返して下さい。

・バリーリンドン(1975年/日)
  監督:スタンリー・キューブリック
  男優:ライアン・オニール

全部が絵画。淡々としたクラシックのBGMの中、バリーが
どんどん運命に身をゆだね、いや、自らのっていく。
一番最後の言葉、「美しい者も醜い者も今は同じ全てあの世。」は
皮肉やなぁ。それにしてもバリーは、世渡りが上手いんだか、
下手なんだかわからない。
中性ヨーロッパの上流貴族の「白塗り、つけぼくろ」は
江戸時代のお公家さま(白い顔、”まろ眉”)となんだかかぶる。
あの時代の権力をもってる人々のセンスは世界共通なんやろか?

そしてライアン・オニールの顔に顔をそむけてしまいたくなるのは
ちゃんと理由がある。やだなぁ・・・

・ロリータ(1962年/米)
  監督:スタンリー・キューブリック
  男優:ジェームズ・メイソン、ピーター・セラーズ
  女優:シェリー・ウィンタース

クレア・クルティ役のピーター・セラーズがおもしろい。
脇役なのに主役を食ってる。いやあの個性120%の脇役だから
ハンバートの純粋な愛(どんくさい、とも言う)が際だつのかも。
ロリータの語源になったという映画。ただ今は「ロリータ」
「ロリコン」っていう言葉だけがもう独立してる感あり。
年齢差はあるけど、ロリータの事を情けないくらい好きになって
しまうおじさんの物語。最初から最後まで一方通行というのが、
また何とも哀れ。そういう意味では、精神的なものすごい純愛。
妄想&嫉妬心も多々描かれてて、愛”対象”ではなく愛は
”内へ内へと向かっていく”ものなのか?

私の産まれ年の映画だが、この”内へ向かう妄想”は、何十年後の
”アイズ・・・”になってもまだ続いてる。
キューブリックの描く女ってどこか冷たく薄情。キューブリック
自身に何かしらコンプレックスがあるのか、それともそれが女の
本質としているのかも。